English Page
薬学教育協議会について

主な事業・定例活動

1. 社員総会の開催
毎年6月中旬ごろ開催
2.理事会、業務執行理事会の開催
理事会:年3~4回開催
業務執行理事会:年3~4回開催
3.病院・薬局実務実習調整機構に関わる事業
1)各地区調整機構において病院・薬局実務実習の調整を行なう。
2)病院・薬局実務実習中央調整機構委員会
毎年3~4回開催(実務実習各期終了後+必要に応じて)
実務実習の質の向上と均一性を担保するための委員会、および情報交換を行う。
3)認定実務実習指導薬剤師養成
薬学教育者ワークショップ実施委員会の認めるワークショップを各地で開催する。修了者に対しては修了証を発行する。また、認定実務実習指導薬剤師に対してアドバンストワークショップワークショップや、タスクフォースを務めている人を対象としてスキルアップ研修会を開催する。
4)施設証の発行
実務実習受入施設へ毎年4月に受入施設証を発行する。
5)ふるさと実習
地区調整機構間の連携のもと、中央調整機構を介して、全国でふるさと実習を推進する。
6)実務実習施設間の連携体制の整備
1施設完結型実務実習の問題点である施設間格差を解消し、SBOs(到達目標:specific behavioral objectives)に基づく均質な実務実習を実施するために、複数の施設が連携して実務実習を行う体制を整備する。
7) 国民向けポスター
薬学部学生の実習に関する広報用ポスターを作成し、実務実習に関わる機関・団体へ配付する。
8)実務実習実施結果の調査
前年度に実務実習を行った学生の実習先(都道府県別)を調査し、調査結果を今後の実務実習実施のための資料とする。
4.実務実習推進委員会の開催
改訂薬学教育モデル・コアカリキュラムに対応した実務実習を円滑に始動するため、現行カリキュラムにおける懸案事項について協議し、解決を図る。
5.薬学教育カリキュラム評価検討委員会の開催
薬学教育教科担当教員中央会議の調査に基づき、改訂薬学教育モデル・コアカリキュラムとして共有すべき必要最低限のモデルシラバスを教科ごとに検討するとともに、教科担当教員会議の在り方を検討する。
6.教科別担当教員会議の開催(助成)
教科担当教員会議を助成するとともに、薬学教育教科担当教員中央会議を開催し、各大学の改訂薬学教育モデル・コアカリキュラムへの対応状況等、薬学教育関連の問題について情報を共有する。
7.薬学教員名簿の発刊
毎年8月中旬ごろ薬学教員名簿を発刊し、関連分野の教員間の教育・研究における交流を促す。
8.就職動向調査の実施
毎年、その年の3月卒業の薬学部生(4年制・6年制)および大学院修了者の就職動向を調査し、結果を公表する。
9.在籍者数の調査の実施
毎年5月在籍学生数(帰省先都道府県別)を調査する。薬剤師の地域偏在等の問題を全国規模で議論するための資料とする。また、ふるさと実習推進のために活用する。
10.文部科学省および厚生労働省の委託事業等
11.国際交流に関する協力
12.その他

関連ページ

▲ ページ上部に戻る